トップページ > 仙台開催実行委員会について

仙台市概要 - FOR SENDAI

400年の時に育まれ、歩み続ける「杜の都」

仙台は1600年に伊達政宗公が居城を定めて以来、62万石の城下町として栄えてきました。1889年、市制施行によって「仙台市」が誕生。東北の政治・経済・学術・文化の中心として着実な発展を続け、現在は東北唯一の政令指定都市として人口107万を擁しています。戦前-戦後を通して、その緑豊かな街並みから「杜の都」と評されています。東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、仙台市は今、「ともに、前へ」を合言葉に、新次元の防災都市を目指し、復興とその先にある未来へと力強く歩んでいます。

仙台市の概要

  • 山形市に接し、秋保・作並温泉を筆頭に、自然の恵み豊かな地域です。
  • 商業施設・文化施設・観光名所が集積する、人々の活気にあふれたエリアです。
  • 太平洋に面し、工業地帯を擁するとともに稲作を主体とした美しい農地が広がります。

未来フォーラム
実行委員会主催レセプション
  • 会議参考情報
  • 市民が参加できるイベントがたくさん!もう一度考える5日間-PUBLIC FORUM 3/14-18
  • 市民協同と防災
  • 女性と防災
  • 本体会議参加の方-スタディツアー/エクスカーション
  • パブリックフォーラム(関連事業)主催者募集
    申込は締め切りました
  • パブリク・フォーラム会場
  • 観光・宿泊のご案内
テレビCM「もう一度考える5日間」 防災人宣言
  • 防災・復興レポート
  • 仙台市・実行委員会からのお知らせ
  • 河北新報の防災・復興記事
  • 伝えたい!世界へ 未来へ!
  • 関連リンク集
協賛一覧