トップページ > 仙台開催実行委員会について

本体会議概要

世界各国の代表が国際的な防災戦略を議論する国連主催の会議です。

日程:2015年3月14日(土)18日(水)
    日程表(英)    日程表(日)

主催:国際連合

会場仙台国際センター(会議棟・展示棟)

会場マップ

開催結果概要
(1)本件会議には、187の国連加盟国が参加し、元首7か国、首相5か国(含日本)、副大統領級6か国、副首相7か国(以上国連発表)、閣僚級84か国(3月12日時点)を含め、6、500人以上が参加し、関連事業を含めると国内外から延べ15万人以上が参加し、日本で開催された史上最大級の国連関係の国際会議となった(参加国数では過去最大)。防災に対する国際社会の政治的なコミットメントを得て、防災の主流化を進める上で、大きな成果となりました。

(2)仙台防災枠組2015-2030及び仙台宣言がコンセンサスで採択され、防災の新しい国際的指針の中に、防災投資の重要性、多様なステークホルダーの関与、「より良い復興(Build Back Better)」など日本から提案した考え方が取り入れられた。また、本年9月に採択される予定のポスト2015年開発アジェンダに防災の視点を盛り込むことの必要性が確認されました。

(3)安倍総理大臣から、日本の貢献策として「仙台防災協力イニシアティブ」を発表し、防災に関する日本の進んだ知見・技術を活用して、国際社会に一層貢献していく姿勢を示した。潘基文国連事務総長が、記者会見において、「日本の支援は他の先進国の模範となる」と述べるなど、高く評価された。パブリック・フォーラム等を通じて、実際に防災に関する日本の知見・技術を発信することができました。

(4)被災地・仙台で開催され、周辺自治体の協力も得ることで、東日本大震災からの復興を発信する機会となった。具体的には、総理・大臣主催の会食や政府・仙台市主催レセプションで被災地の食材や酒類を積極的に活用することで、風評被害対策や被災地の振興に努めた。また、仙台市周辺の各地方自治体が実施するスタディツアー等を通じて、被災地の現状や復興状況を発信することができました。

(出典:外務省ホームページ

未来フォーラム
実行委員会主催レセプション
  • 会議参考情報
  • 市民が参加できるイベントがたくさん!もう一度考える5日間-PUBLIC FORUM 3/14-18
  • 市民協同と防災
  • 女性と防災
  • 本体会議参加の方-スタディツアー/エクスカーション
  • パブリックフォーラム(関連事業)主催者募集
    申込は締め切りました
  • パブリク・フォーラム会場
  • 観光・宿泊のご案内
テレビCM「もう一度考える5日間」 防災人宣言
  • 防災・復興レポート
  • 仙台市・実行委員会からのお知らせ
  • 河北新報の防災・復興記事
  • 伝えたい!世界へ 未来へ!
  • 関連リンク集
協賛一覧