トップページ > 仙台開催実行委員会について

東日本大震災の被害・復旧 - FOR SENDAI

東日本大震災の被害状況

2011年3月11日14:46東北地方太平洋沖地震が発生。 マグニチュード9.0国内観測史上最大の烈震。 仙台では震度6強。3分弱にわたり揺れ続けた地区もありました。

折立地区では地割れが多発した
(青葉区/折立)

せんだいメディアテークでは7階の
天井が落下(青葉区/春日町)

ビル外壁の落下によりバス停が破損
(青葉区/五橋)

約1時間後、猛烈な津波が仙台東岸に襲来。仙台港における津波の高さは7.2mと推定。住民もろとも家屋を押し流し、 農地と工業地帯に壊滅的な被害をもたらしました。

津波が防潮林をなぎ倒し、集落に
襲い掛かる(若林区/藤田)

貞山堀に流れ込む津波
(宮城野区/ 蒲生)

津波で孤立する荒浜小学校
(若林区/ 荒浜)

日本全体で18,517名、仙台市内では891名の方が亡くなりました。また市内では13万軒以上の建物が全半壊し、 多くの方が自宅を失いました。

津波に押し流された車両やがれき等
(宮城野区/ 蒲生)

家屋は基礎部分を残して流失
(若林区/ 荒浜字南丁)

津波は貨物列車や巨大なタンク
もなぎ倒した(宮城野区/ 仙台新港)

地震発生後、市内ではほぼ全域で避難所(最大288ヶ所)が開設され、帰宅困難者の方も含めると本市の人口の約10分の1にあたる10万人以上が避難所へ身を寄せた。また、震災による物流の途絶によるモノ不足により、行列に長時間並び、食料品や日用品を買い求める長い行列ができました。

震災直後の市役所本庁舎前
(青葉区/国分町3丁目 )

榴岡小学校体育館に避難した人々
(宮城野区/東九番丁)

店頭販売に並ぶ人々
(泉区/虹の丘)

震災からの復旧

事前に行っていたライフラインの耐震化や防災訓練が功を奏し、 電気・上水道・ガスの供給は、比較的速やかに回復しました。
(例) 上水道の仮復旧(市内全域)に要した期間東日本大震災/仙台市…18 日 阪神・淡路大震災/神戸市…43 日

津波により発生した272万tのがれきと廃棄物は、 徹底的な分別が行われ、その84%がリサイクルされました。

仮設住宅を迅速に供給するため、応急設置のプレハブに加え、 被害を受けなかった民間住宅の空室が活用されました。

日本全国はもとより、世界各国から多大なるご支援と応援をいただきました。また被災現場で発生する多様なニーズに対し、NPO やボランティアの方々にきめ細かい対応をいただきました。


未来フォーラム
実行委員会主催レセプション
  • 会議参考情報
  • 市民が参加できるイベントがたくさん!もう一度考える5日間-PUBLIC FORUM 3/14-18
  • 市民協同と防災
  • 女性と防災
  • 本体会議参加の方-スタディツアー/エクスカーション
  • パブリックフォーラム(関連事業)主催者募集
    申込は締め切りました
  • パブリク・フォーラム会場
  • 観光・宿泊のご案内
テレビCM「もう一度考える5日間」 防災人宣言
  • 防災・復興レポート
  • 仙台市・実行委員会からのお知らせ
  • 河北新報の防災・復興記事
  • 伝えたい!世界へ 未来へ!
  • 関連リンク集
協賛一覧